クレジットカードのことば
クレジットカード用語辞典

クレジットカード番号

クレジットカード番号とは、カードの会員を識別・管理するための番号で、オンライン決済時には、有効期限、氏名、セキュリティコードと合わせて入力が求められます。また、クレジットカード番号の桁数は国際ブランドによって異なり、ほとんどの場合は16桁、ダイナースクラブの場合は14桁、アメリカン・エキスプレスの場合は15桁となります。

また、クレジットカード番号は大きく分けて3つから構成されており、各桁ごとで意味を持ちます。1桁目から6桁目までを発行者識別番号といいます。またそのうちの1桁目の番号は主要産業識別子といい、発行会社が属する産業を表しています。7桁目から最後から2桁目までを会員口座番号といい、発行会社内の利用者ごとに異なる番号が割り当てられます。発行会社が同じであれば異なる番号が割り当てられますが、発行会社が異なれば同じ番号が割り当てられている場合もあります。最後の桁はチェックディジットといい、カード番号が適切なものか判断するために割り当てられた番号です。